• ホーム
  • 男性型脱毛症に効果のある外用薬リアッププラスとは

男性型脱毛症に効果のある外用薬リアッププラスとは

多様なカプセル

男性型脱毛症は進行性の薄毛で、頭頂部と前頭部の髪の毛が抜けて、毛髪が成長せずに薄いままになる状態です。
放置しても治ることはなく、症状は進むばかりなので対処することが重要となります。
男性型脱毛症の原因はDHTと呼ばれる男性ホルモンで、毛母細胞に入り込むことでヘアサイクルを狂わせて髪の毛の成長を阻害しています。
リアッププラスはこうした症状に対して、有効な改善効果を持ち、髪の毛を元の状態に戻す効果が期待できるとして販売されている育毛剤です。
元々はリアップとして販売された商品で、日本で最初に厚生労働省が認可したミノキシジル配合の外用薬となっており、さらに頭皮に良い成分を配合して改良されたのがリアッププラスとなります。
配合されるミノキシジルは海外でも高い発毛効果を発揮しており、アメリカのFDAでも男性型脱毛症の治療薬として認可され、世界各国で治療薬の成分として認められています。
ミノキシジルの効果は血管拡張による血流の増進で、頭皮に外用薬として直接塗ることで、血流を改善して毛根に血液を送り、活性化させることで発毛を促進させるというものです。
リアッププラスはこのミノキシジルを1%配合し、さらに酢酸トコフェロール、l-メントール、パントテニールエチルエーテルと3つの成分がプラスされています。
酢酸トコフェロールは頭皮の荒れ、炎症を抑える働きがあり、l-メントールは頭皮の痒みの抑制、パントテニールエチルエーテルは毛髪の成長や生成を促進させる働きがあるので、より効果的な発毛が期待できる外用薬となります。
また、基剤には頭皮に優しいブチレングリコールが採用されているので、従来のリアップで肌荒れが心配されていた人でも、問題なく使用できるようになっています。

サイト内検索
人気記事一覧